実はここ5年ほどブログから遠のいていました。
世の中ではFacebookやLINE、TwitterなどのSNSが
一気に人気となってきましたから
インターネット環境が劇的に変化して行く中で
遅れちゃいけない!!と追いかけるうちに
ブログの存在を何となく忘れてしまったんですね。


FacebookやLINE、Twitterって便利で情報配信には手っ取り早い。
長文を書かなくても数行の文章を書いて投稿したら
「いいね!」を押してもらってニコッとなる。
 うん、確かに手っ取り早い。


でも、あることに気づいてしまいました。 


これらのSNSってある程度の年齢から突然利用者が激減するんです。
その年齢というのがちょうど僕と同じ世代。
ということは、これらのSNSをいくら駆使しても
僕よりも年上の人たちには情報が伝わってない。

これに気づいたら【ドキッ】としてしまいました。


ウクレレは小さな子供から高齢者まで楽しめる楽器。
国籍も、性別も、年齢も、言葉も越えてしまうことが出来るウクレレなのに
SNSに偏りすぎてしまうとウクレレを楽しんでいる多くの方に
大切なことを伝えられないということになるわけです。


その点ブログは自分が伝えたいことをじっくり書くことが出来るし、
読者となってくださる方も自分のペースで読むことが出来るわけですから
やはりブログにはブログの良さがある事を改めて認識しました。


と言うことで、ジャムズウクレレのブログを再開します。
このブログは「ウクレレ生活向上委員会」と名付けました。



インターネット、SNSの急激な変化に
振り回されないようにしなければいけないなぁ・・・。


この10年の変化についていくのは大変です。
パソコンやインターネットがあまり普及していなかった
30年くらい前から早々にデジタルの世界に着手して
まだホームページも数えられるくらいの数しかなかった頃に
(当時は1000件くらい?)最初のホームページを作りました。


今のように検索エンジンも育っていなかった時代ですから
出版社による人気のホームページをリスト化した本がありました。
そんな本にも掲載してもらって人気サイトになったこともあったんですが、
今では考えられない事ですね。


さて、インターネットやパソコンの話が長すぎた感じですが、
ウクレレの世界もこの10年くらいの間にもの凄い変化がありました。



ジャムズウクレレがスタートして10年なのですが、
まずはウクレレメーカーが増えまくりました。
もう何が何だかわからないくらい増えました。
10年~15年前には低価格で買えるコンサートウクレレなんか無かったんです。
今は、2~3万円で品質の良いコンサートウクレレが買えます。


ウクレレ人口も爆発的に増えている感じがあります。
テレビのCMにもウクレレが採用される事が増えました。
ドラマの中にもウクレレがどんどん登場します。

流行っているから・・・と訳がわからずに
ウクレレを買っていく人も増えました。
残念ながら、買ったまま部屋の飾りに
なっている人も多いでしょうね。

とは言え、ウクレレの人気があがっていくのは
嬉しいことです。
誰もが楽しめるウクレレですから
どんどん広まって欲しいと思います。
楽しみ方は人それぞれ。
音楽は自由ですから好きに楽しむのが一番です。

しかし、インターネットやSNSの変化と同様に
ウクレレを取り巻く環境の変化も
早すぎるのが気になります。
何か大切なものが置き去りにされて
いかないように気をつけていかなければ!

僕たちウクレレショップやウクレレ講師が頑張らなきゃ!



今日の写真はKALAのジャズ系テナーウクレレ。

ジャムズウクレレに1本だけあります。

IMG_9164

 

ジャズやブルースが好きな人には堪らないモデルです。このモデルは生産が終了したそうです。日本の市場に残りわずかとなっています。

IMG_9166


fホールが何ともかっこいい!
生音で弾くよりもアンプを使ってクールに演奏したいウクレレです。

IMG_9170

IMG_9169



fホールのウクレレは普通の丸いサウンドホールのウクレレと比べた場合、生音はそこまで大きな音が出ません。あくまでもアンプを使う事が前提なのです。

IMG_9168

 

・ネックは少し太めの仕様になっています。チョーキングもやりやすいでしょう。
・バインディングがクラシカルでCOOL。
・弦はAquilaです。サクサクした音が出ます。僕の好みですが、オルカスのミディアム弦にするともっとクールなサウンドになりそうです。

IMG_9172

・ナット、サドルはNuBone。人工の牛骨で硬質なサウンドです。本物の牛骨に変えるとさらに深みのある音になりそうな気がします。


・LOW-Gにしても良さそうですね。ガッツリブルース出来そうです。その場合は、オルカスのミディアムLOW-G弦がオススメです。きっと相性が良いと思います。

IMG_9171


価格/42,000円(税別)ケース付き

KALAのジャズウクレレ【テナー】はこちらから>>>

 

KALAというブランドは、世界で一番売れているウクレレブランドです。ハワイにはKALAの専門店もあるほどです。ハワイのKALA専門店には20万円を軽く超えるモデルも並んでいますが、日本には入ってきません。

 

このKALAは2005年に設立された比較的新しいウクレレブランドですが、製造しているのは中国の工場です。メイドインチャイナはダメだ、メイドイン台湾は安っぽいというイメージがあるかもしれませんが、決してそうではありません。特にこのKALAは本場ハワイでも人気のブランドで、多くのプロプレイヤーも使用しています。実際KALAのウクレレはデザイン性も優れていますし、しっかりしたウクレレを作っています。

このモデルは恐らくこれが最後の一本になると思われます。触ってみたい、弾いてみたいという方はジャムズウクレレにご来店ください。